成果があるのか?ないのか?

最終更新: 2019年8月6日



こんにちは、お昼を過ぎました。


仕事やどんなことであっても、成果があるのか?ないのか?をよく見極めながら考え、行動していると、どんなことであっても前向きに考えることができるようになっていきます。


わたしは、せっかちな性格ですので、すぐにイライラします。

行列に並ぶことも好きではありません。

他人が遅いと、自分ではできないくせにイライラしてしまいます。


こうした性格は自分ではなかなか変えることができません。

それよりも、考え方を変えるように工夫することで、同じ出来事であっても、前向きに捉えることができるようになっていきます。


こうした方法を思いついたことで、どんなことであっても無駄なものはない、という考え方に行きつくようになりました。

そして、考え方を拡大し、枠を広げることで、包括的に物事が捉えられるようになります。


どんな行動、どんな出来事にも意味があり、その意味を正確に捉えることができれば、ある出来事から誰よりも多くのことを学ぶことができるでしょう。


こうした能力や考え方は、これからの時代には必ず必要であると同時に、自分自身や仲間を守り、救うことができる力であると考えています。



#成果 #仕事 #性格 #能力

1回の閲覧