何の仕事をするのか?

最終更新: 2019年8月6日


これから何の仕事をするかについて、思いつくままに考えてみました。

これまでさまざまな仕事をやってきましたが、次第に自己完結できるような仕事に変化していることに気づきます。


現在の仕事内容では、高い報酬を得ることは難しく、今の世の中も組織的に動くほうがいろいろな面で個人に勝ることはよくわかっています。


世の中は便利になり、スマホも高性能になって、インターネットのスピードも速くなってきています。それでも、余計に人はアナログに生きるほうを選ぶようになっていくでしょう。


私の仕事も最後は、物書きということになっていますが、全ては思考から始まり、それを伝えるためには、文字や文章でなければなりません。

動画では時間がかかりすぎ、写真や絵は不得意です。他人の力を借りる必要があります。


また、たくさんの人と会うとそのために多くの時間を割くことになってしまいます。

営業も同様です。

私は、待つ方法に変え、多数に発信しながら、その中からわかる人や感性の合う人を選んでいます。


ただ、今のところそうした試みは失敗に終わっています。


やり方を少し変え、ますます簡単にシンプルにしていきます。


お仕事も提供する内容は、今までと同様のものを提供していきます。

既存の仕事の延長でやっていきますが、いずれ全てを一新する必要があります。

その理由は、いらない不要な仕事が増えているからです。

いらない仕事はやらない、する必要もありません。


自分のやりたいことや興味のあることに取り組んでいきましょう。


人の役に立つことや何かの使命がある人は、それに真剣に取り組むべきでしょう。


#仕事

1回の閲覧